Apple Pencil(第一世代) 買いました

先日Apple Pencil(第一世代)を購入しました。

ブログをはじめて、パンダのプロフィールアイコンを描こうと思ったのがきっかけです。

noco

←このパンダことです

iPadの「ibisPaint X」というアプリで描いていますが、指だと結構大変でした。

使い心地など、レビューします。

目次

Apple Pencilとは

Apple Pencilは、絵を描いたり、メモを取ったり、書類に注釈を加える時の使い心地に基準を打ち立てました。それは直感的で、精密で、魔法のようです。感じられないくらい微小なタイムラグとピクセルレベルの精度。傾きと圧力を感知するセンサー。パームリジェクション

テクノロジー。何をする時も驚くほど使いやすく、アイデアが浮かんだ瞬間を逃しません。

Apple公式サイト

まず、Apple PencilはiPadがないと使えません

Apple Pencilには第一世代、第二世代と二種類あって、我が家のiPadには第一世代しかつかえませんでした。

充電の方法が第二世代の方が良かったんですが、選べないんですね。

Apple Pencil 第一世代とは

対応するモデルはコチラ

  • iPad(第6世代、第7世代、第8世代)
  • iPad Air(第3世代)
  • iPad mini(第5世代)
  • 12.9インチiPad Pro(第1世代と第2世代)
  • 10.5インチiPad Pro
  • 9.7インチiPad Pro

ペアリングと充電はLightningコネクタで行うタイプです。

つるんとなめらかな表面です。

価格は11,880円(税込)です。

Apple Pencil 第二世代とは

対応するモデルはコチラ

  • 12.9インチiPad Pro(第3世代、第4世代、第5世代)
  • 11インチiPad Pro(第1世代、第2世代、第3世代)
  • iPad Air(第4世代)

ペアリングと充電はワイヤレスで、取りつけはマグネットで行うタイプです。

ツールの切り替えはダブルタップで行えます。

マットな表面です。

価格は15,950円(税込)です。

さっそく開封

Appleらしくシンプルな箱でほれぼれします。

iPad(第8世代)と並べるとこんな感じ。

Lightningアダプタ、予備の先端が付属されていました。

さっそくペアリング

わたしは、取扱説明書を読まないタイプの人間です。

開けて手にしたApple Pencilで、さっそくiPadに絵を描こうとします。

もちろん反応するわけがありません。

最終的には調べました。

おとう

わかるまでにずいぶん時間かかったんでしょ?

noco

いいのよ。できたもん。

STEP
ペアリングしよう

Apple Pencilの後ろのキャップをはずし、iPadのLightningコネクタにさします。

ペアリングしますか?と画面に表示されるので、「ペアリング」をえらびましょう。

STEP
続けるを押して完了

ペアリングを押すと、この画面が表示されます。

続けるを押しましょう。

ペアリングが完了しました。

さっそく描いてみた

うれしくて描いたnocoパンダ。

「ibisPaint X」というアプリで描いてみました。

指で描いていた時とは全く違う感覚。

指だと〇のつながり部分が見えなくて、どうしてもずれてしまいます。

Apple Pencilなら、なめらかに細かいところまでしっかり描けます。

文字も、きれいに書けて感動です。

iPadのメモにも書いてみました。

字汚いのばれますが、紙に書くくらいのなめらかさです。

もう、無駄にApple Pencilで描きたい気持ちになりました。

まとめ

iPadを持っているということが条件で

  • 絵を描きたい
  • メモをとりたい
  • 画像を編集したい

など、やりたいと思う方でしたら、おススメです。

こんなに楽しく描けると、もっといろんなイラスト描いてみんなに見てもらいたいとか、4コマ漫画描いてみようかとか夢が膨らみます。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる