【Excel】で作った表を画像として保存する

Excelで作った表を、そのまま画像にしたい時はありませんか?

わたしは画像を作る方法の一つにExcelを使います。

ブログのテーブル機能を使ってもいいのですが、普段Excelをつかって表を作れる人はそのまま画像として貼り付けた方が簡単な時もあります。

下で紹介しているページで使っている画像は、ほぼExcelで作りました。

noco

イラストや写真というより、表のような画像を作るときはExcelが便利だね。

このページでわかること

Excelを使った表をJPEGやpingなどの画像にすることができます。

使用するソフトはExcelとペイントです。

目次

Excelで作る画像とは

このような画像なら、Excelで簡単に作れます。

例えばこの表の画像も、エクセルで作成しています。

ブログ内でテーブルを使って表を作るより、Excelに表を作成し画像にしてしまう方が簡単な時もあります。

Excelで画像を作ろう

早速、画像を作ってみましょう。

STEP
Excelで画像のもとになる表を作成しよう

まずは画像のもとになる表を作成しましょう。

Excelで画像1

こんな感じですね。

セルを細かくくぎったりして、スケジュール帳を表現しました。

STEP
背景から罫線をなくそう

Excelの罫線を消しましょう。

①の表示タブを押しましょう。

②目盛線のチェックをはずしましょう。

これで罫線が表示されなくなりました。

STEP
ペイントにExcelのスクリーンショットを貼り付けよう

Excelのカーソルを画像を作りたい場所から離したところでクリックしておきます。

キーボードのPrtScを押してスクリーンショットを保存しましょう。

ペイントを開きましょう。

キーボードのCtrlVを押してスクリーンショットで保存した画像を貼り付けます。

こんな感じになります。

STEP
画像にしたい部分を切り抜こう

今回は左下の表を画像にすることにします。

①選択を押しましょう。

②画像にしたい部分をカーソルで選択しましょう。

③トリミングを押しましょう。

切り抜きが完了しました。

あとは保存するだけです。

STEP
名前をつけて保存しよう

Excelで作った表ががあと少しで画像になります。

切り抜いた画像を「名前をつけて保存」しましょう。

①のファイルを押しましょう。

②名前を付けて保存をおしましょう。

右側で拡張子も選べます。

次の段階でも拡張子をえらべるので、このままでも大丈夫です。

保存先を選び、名前をつけてあげましょう。

ここでも拡張子を選べます。

お好みの拡張子を選びましょう。

STEP
完成

まとめ

Excelで表を作成し、その表を画像として保存することができます。

ブログを書く時、テーブル機能を使って作ってもいいのですが、Excelで表をつくって画像として貼り付ける方が簡単な場合もあります。

  • Excelで表を作成し、罫線を表示させないようにする。
  • スクリーンショットで保存し、ペイントで画像を切り抜いて名前をつけて保存する。

拡張子も選ぶことができます。

ブログを書く際の参考になれば、うれしいです。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる