風呂敷で包む

皆さんは風呂敷を普段使っていますか?

風呂敷はとても優秀です。

一枚の布ですがいろんなものを包んだり、飾ったり、運んだりいろんな使い方ができます。

バッグにひとつ忍ばせておくと、いざというとき活躍してくれることがありますよ。

わが家は包むほかに、お気に入りの柄の風呂敷をバッグとして使っています。

今回はそんな風呂敷のことを紹介していきます。

目次

風呂敷とは

風呂敷(ふろしき)は、物を包み持ち運んだり収納したりするための正方形に近い形の布。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

物を包む布としての起源は奈良時代に遡ることができるそうです。

古くから布で包むという行為があったんだなぁ・・と感心させられます。

風呂敷の大きさとは

風呂敷の大きさは基本的には10種類あります。

風呂敷のサイズは「巾」(はば)という横の長さで表されます。

一巾は約36cmです。

noco

一般的に使われるのは二巾というサイズだそうです

風呂敷のサイズ別用途とは

風呂敷の大きさによって用途が変わってきます。

風呂敷のサイズ用途
中巾(約45cm)・のし袋を包む
・お弁当を包む
・ティッシュボックスを包む
・ラッピング
尺三巾(約50cm)・のし袋を包む
・お弁当を包む
・ティッシュボックスを包む
ラッピング
二巾(68cm)*最も一般的なサイズ・菓子折り
・進物
二尺巾(約75cm)・菓子折り
・進物
二四巾(約90cm)・エコバッグ包み
・のれん
・大き目の進物
・一升瓶1本
三巾(約105cm)・エコバッグ包み
・テーブルクロス
・のれん
四巾(約130cm)・座布団3枚程度
・テーブルクロス
五巾(約175cm)・座布団5枚程度
・テーブルクロス
・ソファーのカバー
六巾(約200cm)・布団一組
・ベッド上掛け
七巾(約230cm)・布団二組
・引っ越し時の荷物の運搬
ベッド上掛け

風呂敷の素材とは

風呂敷の素材もいろいろあります。

風呂敷は持ち運びするという用途に使われるため、不向きな素材もあります。

  • ニット素材
  • 薄い素材(ガーゼなど)
  • 固すぎる素材(キャンバス地など)

例えば、こんな素材です。

では、風呂敷に向いているのはどんな素材でしょうか。

絹の風呂敷

絹の風呂敷
ふろしきやより引用

絹の風呂敷には、「ちりめん風呂敷」と「正絹(しょうけん)の風呂敷」があります。

絹は光沢に富んでいて、軽くしなやかなのが特徴です。

正絹とはシルク100%の風呂敷ということです。

晴れの日にふさわしい上質な風呂敷です。

綿の風呂敷

ふろしきや より引用

綿は吸水性がよく、取扱いが簡単です。

使うたびにやわらかくなり、普段使いに向いています。

綿素材には次のような種類があります。

  • シャンタン:表面に不規則な筋や凹凸を表した生地で、ひなびた風合いが特徴。
  • ブロード:綺麗に引き揃えた糸を高い密度で織り上げた生地が特徴。
  • ブッチャー:太糸や細糸を用いて織を不規則に組み合わせることで、よりランダムな凹凸を表した生地が特徴。

レーヨンの風呂敷

ふろしきや より引用

絹に似た光沢感と発色性があります。

高価な絹に対して手ごろな価格のため、普段使いなどに好まれる素材です。

水に縮む習性があるので、取り扱いには注意が必要です。

合成繊維の風呂敷

ふろしきや より引用

合成繊維とはポリエステルやナイロンといった、科学的に作られた素材のことを言います。

合成繊維は縮みにくく、色落ちもしにくく、しわになりにくいため取り扱いが簡単です。

noco

今はリネン(麻)の素材の風呂敷もあります。
リネン大好きなので、気になります。

風呂敷の包み方

風呂敷の包み方もいろいろあります。

  • おつかい包み
  • ふたつ包み
  • ふくさ包み
  • 瓶一本包み
  • 瓶二本包み
  • すいか包み
  • 隠し包み
  • 平包み
  • 四つ結び
  • 巻き包み
  • リボン包み
  • 花包み
  • ワインボトルギフト
  • ローズ包み
  • ティッシュ箱包み
noco

こーんなにあるってすごいなぁ・・・。

風呂敷の包み方(バッグ編)

風呂敷はバッグのように使うこともできます。

サブバッグとしても、エコバッグとしても一枚の風呂敷からさっと作れるとオシャレですよ。

  • シンプルバッグ
  • おでかけバッグ
  • バルーンバッグ
  • 風呂敷トートバッグ
  • バスケット包み
  • リュック
  • ショルダーバッグ
noco

バッグだけでもこんなに包み方があるんだよ。

まとめ

昔から使われている風呂敷は、当時の包む・運ぶ・収納するなどの役割を果たしていました。

現在はバッグなどに、その座を奪われて忘れられるほどの存在になってしまっています。

わたしは風呂敷バッグというものに出会ってから、風呂敷の良さを再認識した一人です。

一枚の布がいろいろな形に変化し、また一枚の布に戻る。

こんなシンプルなものがあるんだと感動しました。

ぜひ、皆様にも風呂敷の良さが伝わり、一枚手にしてみようかな?と興味を持ってもらえたら嬉しいです。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる