スーパーの店員が教えるエコバッグへの袋詰めのコツ

レジ袋を有料化がスタートし、袋詰めを自分でする機会が増えたのではないでしょうか。

自分で袋詰めをして、こんなこと思ったことはありませんか?

せっかく詰めても家に帰るとグチャグチャになってるんだよね

そんなあなたに、「スーパーで袋詰めをしながらレジをして5年目」のわたしがコツをご紹介します。

次女

肩書きが無駄に長い

目次

いい袋詰めとは

わたしの思う「いい袋詰め」とは商品を詰めた袋の中身が家に帰るまで崩れない事です。

そもそも、エコバッグ自体がハリがある生地だと崩れにくいですね。

生地のうすいエコバッグでも、詰め方次第で崩れにくくすることができます。

テトリスの要領で、平らにすることを意識して積み上げていきましょう。

noco

テトリスの要領&コツを覚えると簡単にできるよ♪

袋詰めに関する商品を分類してみよう

土台になる商品

土台になる商品とは、袋詰めの一番下に詰める商品のことです。

ここがしっかり安定していると崩れにくくなります。

土台になる商品とは
  • ペットボトル飲料
  • サラダ油など調味料
  • 牛乳
  • 缶飲料
  • 缶詰
  • 野菜(じゃがいも・たまねぎなど)
  • 豆腐
  • レンチンのご飯
  • カレールー(箱)
  • ヨーグルト

などです。

土台は肝心

積んでいく商品

土台ができたら、どんどん積んでいく商品です。

積んでいく商品の中でも重いものからつめていきましょう。

肉だったら、ひき肉や鶏もも、ムネ肉などです。

積んでいく商品とは
  • 肉のパック
  • 魚のパック
  • 納豆
  • 箱のお菓子
  • ハム・ベーコン
  • 乾麺
  • 冷凍食品

などです。

重たいものから

隙間を埋める商品

高さをそろえたいときや、隙間があいているときに入れる商品です。

高さをそろえると、積んでいく商品を平らに積むことができます。

隙間をうめると、安定感が増します。

隙間を埋める商品とは
  • ちくわ
  • もやし
  • ゴミ袋
  • なめたけ
  • えのき
  • 袋のパスタソース

などです。

クッションになるよ

上にのせる商品

壊れやすいもの・つぶれやすいもの・割れやすいものは一番最後に詰めましょう。

上にのせる商品
  • 袋のお菓子
  • パン
  • つぶれやすい果物
  • つぶれやすい野菜

などです。

最後にのせよう

その他の商品

分類しないものの、重さなどで臨機応変に詰めるもの。

  • ワインなどの瓶は横にすると割れやすいので、立てて詰めます。
  • ラップなどは、立てたり積んでいく途中で詰めます。
  • 雑誌などは端に立てて詰めます。
  • 鍋のつゆ、洗剤などは重さがあるので、立てて詰めます。

袋詰めに挑戦してみよう

さっそく、袋詰めにチャレンジしてみましょう。

皆さんがよく買いそうなこれらの商品を、袋詰めしていきます。

まずは先ほどの分類にあてはめていきます。

まずは、買った商品をざっくり分類

写真の囲いのようにわけますよ。

  1. は土台になる商品
  2. は積んでいく商品
  3. は隙間を埋める商品
  4. は上にのせる商品
レジで袋詰めをするときはお客様のカゴを一生懸命見て、仕訳けているよ ♪
STEP
土台をつくろう

先日紹介した無印良品の【ジュート マイバッグA4 生成】に詰めていきます。

土台になる、牛乳とサラダ油を寝かせていれましょう。

この時、牛乳やサラダ油の口の方はエコバッグの端に向けてくっつけます。

隙間に、モノをつめるときに倒れにくくするためです。

牛乳の口の部分とバッグとのすきまに商品を立てると、上の写真のように倒れてしまいます。

このように、隙間に酢と豆腐を入れましょう。

土台の完成です。

STEP
商品を積んでいこう

土台が完成したら、商品を積んでいきます。

鶏むね肉、バターをのせましょう。

魚、豚ひき肉をのせましょう。

STEP
軽い商品、壊れやすい商品をのせよう

卵を平らな部分にのせましょう。

平らになるように、ちくわなどの隙間を埋める商品を活用しましょう。

油揚げ、ウィンナー、もやしを隙間にいれていきましょう。

最後に、サラダと袋のお菓子をのせて完成です。

まとめ

今回はエコバッグに袋詰めをするコツをご紹介しました。

ポイントは商品をざっくり分類し、重いものから順番につめていくだけです。

  1. 土台になる商品
  2. 積んでいく商品
  3. 隙間を埋める商品
  4. 上にのせる商品

土台を作り安定させ、隙間を埋める商品を使いながら平らに積み上げていきます。

最後に、こわれやすい商品を上に載せたら完成です。

コツは隙間を埋める商品をうまく使うことです。

皆さんが自分で袋詰めをする際に、少しでもお役にたてればうれしいです。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる