RAINFUBS(レインファブス)RIGEN-W 履き心地をレビュー

RAINFUBSTITLE

雨の日の朝、長靴で出かけたけど帰るころには雨があがっていて、長靴で帰ることが恥ずかしかった経験ありませんか?

のこ

長靴に見えないオシャレな長靴ないかなぁ・・・。

そんなあなたに、雨の日でも晴れの日でも楽しめる靴「RAINFUBS」(レインファブス)のRIGEN-W(リゲンダブル)を紹介します。

この靴があれば、どんな天候でも足元から気分まで心地よく過ごせますよ。

目次

RAINFUBS RIGEN-Wとは

参照:RAINFUBS公式サイト

デザイン性と確かな履き心地によりブランドスタート時から愛されるロングセラーモデル、サイドゴアレインブーツRIGEN-W[リゲンダブル]。オフィスから休日のカジュアルまで幅広く着用いただけるデザイン。防水性と柔軟性に優れたPVC製。抗菌防臭加工を施したクッション性の高い中敷素材で、一日中快適な着用感を提供。

RAINFUBS公式オンラインショップ

革靴じゃないか?と思わせる洗練されたデザインにまず驚かされます。そして、縫い目に見えるステッチ部分もフェイクなので完全防水なんです。(*ゴム部分は防水ではありません)

この他にもまだまだこだわりがあります。

  1. オンオフどちらにも合わせられる汎用性のあるベーシックなデザイン。
  2. 雨晴兼用・シーズンを問わず着用可能。
  3.  防水性・柔軟性に優れたPVC製。本体とソールはつなぎ目のない一体成型なので完全防水。
  4. 革靴・スニーカー・ラバー製長靴より手入れが簡単。
  5. 雨の日の歩行に安心感を与えてくれるアウトソール。
  6.  動物性素材不使用。
  7. 履き口に靴擦れ軽減ガードを採用。
  8. 内側360度に施したインナークッションが足全体を優しく包み込み、フィット感のある履き心地。
  9. クッション性の高い中敷素材で長時間歩いても疲れにくい。
  10. 抗菌防臭加工の中敷素材が、汗をかきやすい足空間を清潔に保つ。

RAINFUBS RIGEN-W おススメポイント5選

こだわりがたくさん詰まった【 RAINFUBS RIGEN-W】ですが、わたしが特におススメするポイントを5つ紹介します。

1.オンオフどちらにも合わせられる汎用性のあるベーシックなデザイン

これ、長靴って思いますか?

自然な着用シワをつけた革靴で型取りを行い、防水性・柔軟性に優れた独自配合のPVC(ポリ塩化ビニル)を流し込んで本体を作成しているんですって。だから細部のシワまで表現されていてまるで革靴みたいにみえるんです。

雨の朝履いていって、帰りに晴れていても足元を気にすることなくファッションを楽しめますよね。

2.本体とソールはつなぎ目のない一体成型なので完全防水。

このステッチ、フェイクなんです。

ソールからアッパーまでひとつなぎの一体成型という製法なので、水が入り込む余地がなく完全防水です。ゴム部分は防水ではないので、わたしが買ったLサイズだと地面から6センチまで完全防水です。

3.革靴・スニーカー・ラバー製長靴より手入れが簡単。

RAINFUBSのレインシューズは、汚れたら水で洗い流し、柔らかい布で拭くだけ。防水スプレーや艶出し剤などは一切必要ないので、面倒くさがりのわたしにもピッタリ!

4.雨の日の歩行に安心感を与えてくれるアウトソール。

グリップ力のあるソールで雨の日も安心。

わたしは雪の日に履いてみたけど、すべることはありませんでした。良かった!!

5.フィット感のある履き心地。

参照:RAINFUBS公式オンラインショップ

平で5mm厚だった中敷素材。かかと部分を7mmにアップデート。自然な傾斜で更に疲れにくい。※中敷素材は縫い込まれており取り外し不可

参照:RAINFUBS公式オンラインショップ

はいた瞬間、長靴では味わえないクッション性がありました。

中敷きもそうなんですが、履き口も厚地でひんやりせず、気持ちよくはけるんです。

RAINFUBS RIGEN-W こんな人におススメ

参照:RAINFUBS公式オンラインショップ

RAINFUBS RIGEN-W はこんな人におススメです。

  • 雨の日・晴れの日・雪の日もオシャレなデザインの靴をはきたい
  • 長靴と思われずにオシャレな店に入りたい
  • 靴の手入れがめんどくさい
  • 完全防水の靴をはきたい
  • クッション性のある、はき心地抜群の長靴をはきたい

RAINFUBS RIGEN-W 履いてみました

わたしは普段24.5cmの靴をはきます。足囲(ワイズ)はEEEです。購入したサイズはL(24~25cm)です。

はき始め初日は履く時も、履いている時も窮屈さを感じました。右の小指が痛いなぁ・・とか。

でも、翌日には窮屈さはなくなり、はき始めて一週間たちましたが、今はピッタリ気持ちよくはけています

内側360度にクッションを施しているため、新品の状態では多少圧迫感を感じる場合もあります。着用いただいている間に、徐々にクッションが足に馴染み、フィットしてきます。

引用元:RAINFUBS公式オンラインショップ
のこ

公式サイトでも表記されている通りだったんだ♪

デメリットとしてあげるなら、ピッタリなので脱ぎ履きが手こずることかな。特に脱ぐとき、片手で靴を引っ張りながら脱ぎます。

でも、可愛さと完全防水という機能性で全く気にならないデメリットです。

わたしの住む地域は雪が降ります。大雪になったらさすがに長靴ですが、10センチ積もったくらいならこの靴で過ごせます。

雪の日のために買った【 RAINFUBS RIGEN-W 】ですが、梅雨時期もはけるのに気づいてますます嬉しい気分です。

のこ

長靴だと行けないお店もあったけど、【 RAINFUBS RIGEN-W 】ならどんなオシャレなお店でもはいれちゃう♪♪

足のサイズってどう表すんだろうと調べていたら、自分で測れるサイトに出会いました。興味のある方は自宅で簡単に測れるので試してみてくださいね。

RAINFUBS RIGEN-W カラーやサイズなど

2021年12月時点で販売しているカラーはBLACKBROWNです。

サイズは下の表を参考にしてくださいませ。

rigen-w_size

重量目安

(Mサイズ):片足329g

サイズ表cm履き口ヒール筒丈
S22~23cm23.5cm2.5cm16cm
M23~24cm24cm2.5cm16.5cm
L24~25cm24.5cm3cm16.8cm
XL25~26cm25cm3cm17cm
引用元:RAINFUBS公式オンラインショップ

※ハンドメイド生産のため、個体差が生じます。表記サイズは平均値です。

ちなみに購入したLサイズの重量をはかってみました。

左右に多少の差がありましたが平均すると367gでした。

左右の差が気になったのでメーカーに問い合わせましたが、ゴム製のレインブーツは製造工程上重量などの個体差が出やすくなると回答いただきました。

のこ

履いていても全く気になりませんので安心してくださいね。

\売り切れ・再入荷待ち多いです/

まとめ

全天候型と言ってもいいほどの靴【 RAINFUBS RIGEN-W 】を紹介しました。

わたしは雪の日のために買いましたが、梅雨時期もはけると気づきワクワクがとまりません。

はき始めは窮屈さがありましたが、今はクッション性もあるから長靴以上のフィット感を感じています。

  1. オンオフどちらにも合わせられる汎用性のあるベーシックなデザイン。
  2. 雨晴兼用・シーズンを問わず着用可能。
  3.  防水性・柔軟性に優れたPVC製。本体とソールはつなぎ目のない一体成型なので完全防水。
  4. 革靴・スニーカー・ラバー製長靴より手入れが簡単。
  5. 雨の日の歩行に安心感を与えてくれるアウトソール。
  6.  動物性素材不使用。
  7. 履き口に靴擦れ軽減ガードを採用。
  8. 内側360度に施したインナークッションが足全体を優しく包み込み、フィット感のある履き心地。
  9. クッション性の高い中敷素材で長時間歩いても疲れにくい。
  10. 抗菌防臭加工の中敷素材が、汗をかきやすい足空間を清潔に保つ。

これだけのこだわりが詰まった一足。

デザイン性・機能性・はき心地も抜群な長靴をお探しの方にぜひ、試してほしい一足です♪

\オシャレは足元から♪♪/

\ 応援ありがとうございます♪(*^-^*) /

\ わたしのおススメ載せてます♪ /

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる