Google AdSense(アドセンス) の広告が貼り付けられない【WAFが原因】

Google AdSenseに合格し、ads.txtの問題も解決したと思ったら、また問題が・・・。

Google AdSenseの広告をいざ貼り付けようと思って、四苦八苦したあげく、エラー画面が現れました。

神様はどれだけわたしに試練を与えるのだろう・・そう思わずにはいられませんでした。

このページでわかること

レンタルサーバーConoHaをつかっている人が対象です。

Google AdSenseの広告をワードプレスに貼り付けて保存しようとするとエラー画面になる時の対処法がわかります。

目次

エラー画面

Google AdSenseで広告コードをコピーし、SWELL設定画面からコードを貼り付けます。

「変更を保存」を押すと次の画面になりました。

noco

どうしてスムーズにいかないんだろう・・・

原因はWAF

広告の種類が悪いのかな・・とか何度かやってみましたが、何度やってもこの画面が現れます。

調べました。

原因は「WAF」というセキュリティ対策でした。

Web Application Firewall(略称:WAF、ワフ)とは、ウェブアプリケーション脆弱性を悪用した攻撃からウェブアプリケーションを保護するセキュリティ対策の一つ。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
noco

ざっくり言うと、ブログを守ってくれるってことだね。

おとう

ちゃんとわかってるのかいな

対策

対処法としては、レンタルサーバー内の「WAF」の設定を一時的にオフにする必要があります。

STEP
ConoHaにログインしよう
STEP
サイト管理のページを開こう
STEP
サイトセキュリティを開こう

サイトセキュリティを開きましょう。

タブに「WAF」という文字が見えますね。

そこを開くと、赤丸のように、利用設定が「ON」になっています。

STEP
WAFをオフにしよう

矢印のところで、WAFをOFFにしてあげましょう。

noco

WAFをOFFってなんだかかわいいね。
ワフをオフ・・・。

長女

静かにして!!

STEP
完了

左下にこの画面が出てきたら、完了です。

広告コードを張り付ける作業が終わったら、必ずWAFの設定を ON に戻しましょう!!!

noco

忘れずに戻さないと、ブログ守ってもらえなくなるよ

まとめ

Google AdSenseの広告コードをSWELL設定から貼り付け、変更保存を押すとエラー画面が出ます。

そんな時はレンタルサーバーのWAFの設定が原因です。

わたしの場合は「ConoHa」ですので、その場合の対処法になります。

Google AdSenseの審査が無事通過し、広告を設定するまでに、こんなにたくさん問題が起こるとは思いませんでした。

下の記事はGoogle AdSenseの広告を貼るまでの関連記事です。

ads.txtで困った方はどうぞ。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる